お知らせ

2014-09-25 08:22:00

 

 生産者にとって秋は、食欲でも読書でもなく「植え込みの秋」です。夏らしくない夏もいつの間にか過ぎ去り秋本番といきたいところですが、台風16号の影響で生暖かいぐずついた天気が続いています。しかしカレンダー的には彼岸過ぎのこの時期は、朝晩の気温差も出てきて植物の生育には最適な気候となります。一般的に秋の定植の遅れは、一週間が出荷で1ヶ月ずれることもあり正確かつ計画的に進めたいところです。

 

 

 先ずは10日程前になりますが、ポットへの土詰(ポッティング)を行いました。まぁ年を重ねる毎にこの作業も大変になりつつありますが、自分なりの体力測定のつもりでやっております。一日半でまずは10,000ポットを詰めます。その後は軽く灌水をして植穴を開け、鼻歌?(推測)を奏でながら植えこんでいきます。

 

以上、パンジービオラはこのような進捗状況です。一方、切り花の方はブプレリュームの定植と各種アリューム球根の植え込みが始まりました。

 

本葉数2~3枚の適期苗です。このタイミングを逃すとスムーズな伸長が望めず丈が取れません。

 

「スネークボール」の定植も始まりました。昨年より5日早い作型を用意し年内出荷を目指します。また各種アリュームも定植が始まりました。計画に沿って滞り無く進めたいところです。

 

ぐずついた天気の中でも気持ちは秋本番、さぁ頑張っていきましょう!

 

2014-08-25 19:42:00

 

 今年の夏はおかしい。二度目の梅雨が到来したみたいで相変わらず、不安定な天候が続いています。今朝の新聞でここ熊本市では8月になって雨が降らなかったのは21日の1日だけで、その内数十年に一回の異常気象とか言い出すのでしょう。また日本各地で被害も多発していて気象庁は本日今年の異常は天候を「平成26年豪雨被害」と命名しました。天候に左右される農業はもちろん影響を受けてか、多品目に渡り店頭価格の高騰が見られています。

 

 そんな中、今年最初のパンジービオラの播種を先週19日に行いました。先に計画書を作成しそれに基づいて100品種程播種をしていくのですが、昨年より3日遅く播きました。これは近年の温暖化の傾向で冬の到来が遅くなり、お客様の購買行動に変化を感じたためです。つまりは販売の開始時期を約一週間ほど後ろにずらした訳です。全量直売を基本としているので、近年の天候に対応した措置になり理解して頂きたいと思います。

 

 前置きが長くなりましたが、上記画像は今年の新品種の種たちです。一部在来品種の買い増しもありますが毎年このくらいは追加しております。多方面から取り寄せるわけですが、名前に乗せられついつい買っちゃうのもあれば、入手困難でネットで買うこともあります。メーカー試作もあり、新作に関しては一概に何がヒットするのか見当もつきません。しかしこの何か?が作る側の「わくわく」であり、最終的にはお客様の「わくわく」に繋がることになります。当初からこの路線で行ってる以上今更変えることなどできません。経営的には非効率的なこの作業、「わくわく」で飯が食えるか!と言われそうですが、最終消費者を意識しながらの作業は他の切り花などの生産物にも少なからず影響を与えます。つまりは生産者がどこまで顧客を意識して生産できているのか、ここに立ち返る作業がこのパンジービオラの生産直売なのです。

作り続ける理由はズバリ!「待ってる人がいるからです」

 

 

 

試作品ではありますが、一枚の播種トレーに20~30粒づつ播く作業は、ストレスもあります。

 

人手不足だったので、娘を緊急招集しました。

PS 今年は夕方まで播種作業が長引き、ビールによる祝杯もピザもありませんでした。上手く発芽すればいいのですが。

 

2014-07-15 12:17:00

 

 まだまだ梅雨明けの声を聞かぬ現在、先週の「数十年に一度の猛烈な台風」が熊本目掛け向かっているとの事で、その対策に翻弄された一週間でした。いざふたを開けてみれば、終始台風の目に入ったのではないかと思えるほどの無風状態でした。つい最近も気象衛星を打ち上げてたみたいですが、その精度は如何なものなのでしょうか。まだまだ自然現象の予測に人間の英知は及ばないと言うことか。加えてメディアも今回は煽り過ぎではと思われるところもありましたが、あまりにもことの無さに不満があるくらいで、完璧に準備できたことを幸いとし無事に通過したことに感謝したいと思います。

 

 そんな中、小原流「挿花」6月号にアリューム(野菜としてのネギも含む)の特集記事が載ってましたので簡単に紹介したいと思います。まずネギ属の植物の「かがく」としての全体の生理生態を解説してあり、DNAを元にした最近の分類ではユリ科、ヒガンバナ科ではなくネギ科を立てたことや、匂い(アリューム)の科学的な解説に改めて勉強させていただきました。

 次にその中で生け花(生花)として使えるアリュームを図鑑形式で紹介してありました。当園で生産しているアリュームも数点載っていましたが、オリジナルの「スネークボール」が「グリーン・スネーク」としてキッチリ載せて頂いたことに感動しました。次にアリュームの曲げの謎に迫っていて、熊本で一番生産者の多い八代地区の紹介がなされていました。産地としても不必要な競争を避ける為、表に出せる曲げと、そうではない曲げがあるみたいで、詳しく解説を加えたいところですがそこは辞めときます。この地区には若手の新規就農者がアリュームを挑戦していると言うことで非常にうれしく思います。若手が加わることで斬新な切り口での発想や創意工夫、また仕立てなどが加わり業界の発展にきっと繋がるものと思います。このような新たな及び多くの支流が集まり、混ざりながら大きな大河になって海に注ぐ。このような流れがさらなる発展の源のような気がします。ぜひともアリューム界で活躍してもらいたいものです。

 最後に「アリュームの不思議・魅力をいけるー点と線の美しさ」と言うことで当園の「スネークボール」が使ってあったので紹介しときます。いけ手の知地さんはフェースブックの「花の現場」を主宰されてて、私もこちらの方が先に特集記事を組んだとの知らせで入手した次第です。ありがとうございました。

 今回アリュームという狭いカテゴリーの花を取り上げて頂き感謝いたします。しかし独特の世界観を持った花でもあり、生産者が工夫によって、まだまだ伸びしろを残した花でもあります。このように取り上げて頂いたことにアリュームの生産者として非常に感謝いたします。改めてありがとうございました。今後も努力していきたいと思います。

  

 

2014-06-28 20:54:00

 

 彼の名は「ほりまる君」。たぶん日本に数千台しかない絶滅危惧種の一つであろうこの機械は、れんこんを掘り上げる事だけに特化した専用機である。朝5時の始動とともに大の大人を後ろに3名引き連れて黙々と前進する。勢いよく水を噴きだす特殊な手を持ち、それを大きく左右に振りながら約5時間、掘り取り作業は途中一切の休みを挟む事無く進む。

 

 腕の付け根まである頑丈な手袋に、「ダバ」と呼ばれる胸まであるゴム長靴を装備しての作業は、顔に止まった蚊を払うことも出来ず、日が照ればたちまちサウナスーツのごとく全身が高温多湿に、おまけにノズルから噴き出す水が泥水となって容赦なく顔面を狙い撃つ。メガネは直ぐに視界不良になり、「ペッペッ」っと唾を吐きながらの作業にも関わらず何故か気持ちはすがすがしい。なぜならば今のこの時代に、このような大変で過酷な作業で生み出される農産物はとても価値の有る物だと直感的に思えるのである。スニーカーを履きながら、お洒落にスキップでも踏みながらの農作業は理想ではあるが、競争も激しいのも現実である。れんこん掘り?・・・たぶん今の若い人は好んでする作業ではないと推測する。唯一の贅沢は胸に忍ばせたipodで音楽を5時間ぶっ通しで鑑賞できることである。約6,000強のライブラリーから流れる楽曲には80年代の洋楽を中心にセレクト。今日ならばTOTOのアフリカ、Chaka Khanのスルー・ザ・ファイアー、Stevie Wonderのマイ・シェリー・アモーレなど30年近く経った今でも全く色あせしない名曲ばかりで、素晴らしい物は何時になっても素晴らしいと毎日感動し、また元気を頂いている訳です。

 そういう思いで作っている訳ですが、皆様に今度は元気をお届けしたいとの思いここに準備をいたしました。

もちろん、掘ったその日に発送いたしますのでまさに旬の瞬の駿です。

 

↓↓↓ このファイルを開いてください。

 

PDFファイルを開く

 

 

 

左側メニューの「瞬!れんこん」に案内をしておりますので、ご覧の上ご注文頂きたく思います。掘り上げたその日に発送を心掛けたいと思います。まさに旬の瞬のれんこんを送らさせて頂きます。

 

 

2014-06-14 21:50:00

 

 

 現地での確認も出来ず、本人と話し合うことも出来ず収束する運びとなりました。お騒がせの一週間ではありましたが、私の完敗である。何時から日本人は細かい規則がないと平気で道を外すようになったのか。常識やモラルは何処に行ったのか。花はもとより野菜及び果物は紛れもない生鮮農産物である。その全ての農産物は収穫された瞬間から死に腐敗に進むのが常識的に理解できる。それが判っていながら「生産調整?」と言う理由づけでで無期限の貯蔵を可能にする。もはやそこには消費者は存在せず、産地のエゴのみがまかり通る。これを組織グループとして担保し、お墨付きを付けられたのでは個人の私としてはもはや敵わぬ相手である。少なくとも私の知っているほとんどの産地は、鮮度保持には相当の注意と努力を行っている。早朝の採花から始まり、選花、輸送及び販売をすべてコールドチェーンで行い又はそうすべく努力している。採花日表示を有利販売に繋げるなど川上から川下まで一体となった取り組みが必要不可欠となっている今、川上がこのような有様は、一連の努力を根底から裏切る行為ではないのか。適当な時に切りだめをしておいて、相場を見ながら高いときに出荷する。競合するライバルが居なくなってからこっそりと出す。もうこうなっては相場なんて在ったものではない。

 個人としての出荷なら私は何も言うことは無い。1年貯蔵しようが、10万年貯蔵しようが個人が責任を負うからである。組織のブランド名を明記し出荷するからそこに悪意を感じるのである。今まで20年近く花を作ってきただろう。今まで自分の花を作り上げることが出来たか?出来てないだろう。なぜならば消費者を無視した花作りを延々と行ってきたからだと忠告したい。そしてまた今回も。これが現在の部会の代表であり、熊本のアリアムの代表とは誠に残念である。本来なら真っ先に汚名挽回に打って出るのが当然の職責ではないのか。本人自らやってるのでそれはかなわぬとしても。メンバーから金を集め、組織の名を付けて貯蔵物を相場に応じて出すこれら行為は、もはや良心の欠片も感じられない。花担当がいてのこの有り様である。残念ながらこれからも未来永劫この行為は続くのでしょう。 

 母の日のカーネーションの貯蔵問題で消費者を裏切る行為が取り返しのつかない状態を招くと業界は痛い程学んだのはないのか。先の地元花市場の株主総会での質疑応答で「出荷バケツを市場が責任もって洗って頂けないか」との事。新鮮な花を日持ちさせようと、切り口からのバクテリアの侵入による導管の詰まりを少しでも無くしたいとの思いである。貯蔵中に水替えするはずもなく、もはやこれら話とは次元の違う話である。普通の生産者はこのような些細なことでも注意を払いながら作業を行っているのである。「大きく立派な鯛でも腐る時は腹の中から」とはよく言ったものである。

 

 ことさら花の業界は長期衰退を経ている。なので花業界は「花っていいよね!」キャンペーンを始めフラワーバレンタインやいい夫婦の日や母、父の日と何かと盛り上げようと消費啓発に躍起である。そのベースにあるのは日持ちする花であって当然の事である。今一度胸に手を当てて聞いてほしい。花作りが金作りになっていないか。業界に出荷調整と言う名の保存の明確な取り決めは無いかもしれないが、だからと言って自分ならどっちの花を買うかは判りきった事である。今後は組織の自浄作用に期待したいが、このような守られ方をした部会が衰退し、消えていった例は枚挙にいとまがない。消費者に支持されたければモラルや良心は持ち合わせて当然である。次作から「昇龍」から名前を変える予定である。決して退散したのではない。来年も同じことを繰り返すことを回避すると共に、このままではこの花の成長は望めないと思うからである。だからこれからも遠慮なくこの最新技術「生産調整」をグループ全体で堂々と行使して頂きたい。もはや私には関係のない話である。最終消費者を含めた市場が審判を下すと信じているからである。今回、組織として一人の人間を守ったのかもしれない、金額にしてたかだか数十万円である。しかしブランドとしての信用低下は計り知れないであろう。禍根を残す結果となった事を残念と思いながらも、個人生産者としては数十年に渡り追い風になろう。

 私もまだ子供を育て実社会で当面生きていかなければならない。余りこのようなことを続けていては生きづらくなる。だから今後は余り関わりを持たずに生きていこうと思う。そうすれば腹も立たないのである。そして何時か大輪の綺麗な花を咲かせたいのである。アリュームの花言葉は「くじけない心」、蓮は「清らかな心」両方叶えることなく迎えた今日である。

自分の気持ちの整理後は、一連の記事は削除予定である。なぜならば、こんな情けない話は早く忘れて前に進みたいのである。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...